透析

サイトマップ

岡山で受ける血液透析の長所というのは

血液透析には長所があります。そもそも現在の岡山では、腎不全が深刻な人は大抵は血液透析を行っているのです。つまりは、もう一つのやり方である腹膜透析よりもやっている病院が岡山では圧倒的に多いのです。ですから、通院可能な病院が多くあります。
そして、腹膜透析よりもより強く毒素を取り除くことができる、という点も長所といえるでしょう。また、血液透析は透析機械装置を使うわけですし、それは病院の人がやってくれます。つまりは、腹膜透析のように自分でやるようなことがないのです。
ですから、自分でやることがないのでかなり楽ができます。そして、透析施行以外は特に行動が縛られることはなく、旅行もその先で出張先に血液透析ができる岡山の病院があれば問題なく長期的に可能になります。このように利点がたくさんあるのですが、さすがに大変なことも多いです。
まず、一回あたり4時間くらいかかることになりますし、週に数回は通うことになります。これが大変ではあるのですがそもそも死に至ることになるような状況なのです。透析はしないとほぼ死ぬ、という人がやるような治療行為ですから多少の不便はあっても生活ができるだけでも非常に素晴らしいことであるといえるのです。

岡山でも起こりえる透析の理由と合併症とは

岡山でも腎臓が悪くなりますと透析をしないといけないことになります。腎機能がなくなると透析をしないといけなくなります。腎臓がキチンと稼動されていないと老廃物である尿毒素の排泄ができなくなるからです。これこそが透析をする理由になります。しかし、ずっと透析をしておくわけにはいかないのです。
腎臓が機能しているときには常に尿の作り出しているのですが、しかし、腎機能がなくなってしまっている場合は当然、透析をしているときのみ、ということになります。毒素の排出、余分な水分の除去が血液透析では週3回程度になります。つまりは、完全に常に除去ができるような状態ではない、ということになります。この点が岡山でも合併症などを引き起こす要因になっています。
塩分の蓄積が起きすぎてしまって、心筋梗塞の原因になったり、リン排泄障害などが起きることがありますから、その都度、対処するなりしていく必要性があります。それでも透析をしないと死にいたることになりますから、合併症の可能性があるとしてもやることになります。
避けられることもいくつもありますから、極端に恐れることはないですがそうしたことがあるのは理解しておいたほうがよいでしょう。それが岡山での血液透析治療なのです。

岡山の透析患者さんの食事の注意ポイント

腎臓の機能が低下すると、通常は問題なく体外に排出される老廃物が排出されなくなってしまうので、機械によって排出する透析治療を受けることになります。岡山でも透析治療を受けている方は多いです。岡山に限らず全国で透析をおこなっている患者さんは、栄養のバランスが悪い食事を摂ると、むくみや倦怠感、高血圧などの体の不調に直結してしまうので、食生活にも注意する必要があります。
特に注意すべきはたんぱく質です。炭水化物や脂質は分解されても老廃物は出ないのに対して、たんぱく質は分解されると老廃物が出ます。透析によって排出されるので最低限の摂取は必要ですが、たんぱく質の摂り過ぎは気を付けましょう。
また、尿が出なくなるので、水分や塩分の量にも注意が必要です。尿による体内の水分量のコントロールができないので、水分や塩分がたまってしまうとむくみや高血圧の原因となってしまいます。
また、カリウムとリンの制限が必要になります。血中のカリウム量が増えると高カリウム血症となり、不整脈や心不全などの合併症につながりかねません。高リン血症は、血管の石灰化により心筋梗塞や脳梗塞の原因となります。カリウムは生野菜や果物、リンは乳製品や加工食品、インスタント食品に多く含まれているので気を付けましょう。定められた水分量の範囲でなら岡山の地酒など飲酒をすることも可能です。

What's New

TOP