透析

サイトマップ

岡山の透析の方法としてI-HDFがあります

透析にはいくつかの方法があるのです。その一つとして、I-HDFがあります。これは間歇補充型血液濾過透析のことです。この方法の特徴としては、透析膜を介することによって、透析液側の水分をろ過して、血液側に自動的に補充させる方法になります。
逆濾過透析液を補充していく量やそれを回収する量などを細かくプログラムすることが可能であり、患者ごとに細かく設定をすることができます。この透析方法における期待できる効果というのは、まずは末梢循環の改善です。さらには、プラズマ・リフィーリング、膜性能の維持も可能になりますし、細かいところではありますが足攣りの軽減も期待できるようになっています。
このようなメリットがあるので利用されている透析方法の一つになっています。透析の方法というのは、かなり種類があります。何でもよい、どれでも当てはまる、ということではありませんから、その点は注意しておいたほうがよいでしょう。
しかし、最終的にどうするのかは自分で判断することになりますがどんな方法があり、それぞれの利点や特徴は医者からキチンと説明してもらうことができるので心配は無用ですし、基本的には安心してやることができるのです。

What's New

TOP