透析

サイトマップ

岡山でも患者さんが多い人工透析の種類と方法について

人工透析の種類は、主に血液透析(HD)と腹膜透析(PD)の二つに分かれます。血液透析は、シャントと呼ばれる血管から針を刺して血液を体外に出し、透析器で余分な水分や老廃物を除き、綺麗な血液にして再び体内に戻すという方法です。
基本的には週2~3回、1回3~4時間程度、透析施設のある医療機関で行いますが、回数や透析時間は患者さんによって異なります。メリットは、医療従事者の監視下で行うので、緊急事態が起きてもすぐに対応してもらえることです。
腹膜透析は、患者さん自身のお腹(腹膜)にカテーテルを留置させ、透析液を体内に一定時間入れておき、腹膜を介して水分や老廃物を体外に出す方法です。さらに腹膜透析には、CAPD(連続携行式腹膜透析)とAPD(自動腹膜透析)の2種類があります。
CAPDは1日に4回程度の透析液の交換で、1回の時間は30程度になります。メリットとしては医療機関に通わなくても通勤や外出時に行えます。APDは、夜就寝時を利用し機械を使って透析液の交換を行う方法です。主に学生や日中時間の取れない職場に勤めている方が利用しています。
腹膜透析のデメリットとしては、カテーテルを常に体内に留置している為、清潔にしていないと感染を起こす危険性が高いことです。どちらの透析方法を選択するかは、患者さんの生活環境や家族の協力がどこまで得られるかを考えることが大事になってきます。

What's New

TOP